Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/takumilog/best-tenshoku.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/takumilog/best-tenshoku.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
転職のタイミングはいつがベスト? - 営業からの転職

ゆとり世代の僕が営業から転職するまでの記録

営業からの転職

コラム

転職のタイミングはいつがベスト?

投稿日:

何事もタイミングが肝心。
当然、転職においてもタイミングを逃せば最良の転職先との縁が途切れてしまったり、辞めることさえ不可能な状態に陥ってしまったりといったことも考えられます。
では、転職のタイミングとしてベストな時期とはいったいいつなのでしょうか。
そのタイミングを探ります。

現在の職場に違和感を抱いた時

どんな職場においても大なり小なり不満はつきもの。
「休みがもっと欲しい」
「別の部署で力を発揮したい」
誰もがそんなふうに考えながら、日々の業務に励んでいるに違いありません。
でも、どうにもこうにも納得のいかない理不尽さを感じたら、それはひとつの転職タイミング。
例えば、ものすごい業績を上げたにも拘らず、来期の見通しが厳しいからと給与やボーナスが下がったらどうでしょう。
頑張った社員のことは二の次で、来期の心配が優先される。
優秀な経営者とはこのように考えてしまう傾向があるのかもしれませんが、頑張りを認められない社員の気持ちを量れないなんて経営者の風上にも置けません。
頑張った時に社員のモチベーションを下げてしまうことしかできない会社で、この先も働き続けるのは困難でしょう。
この際に「今後、こんなことが繰り返されるようだったら」と転職を思いとどまる人もいますが、こういう経営者の思考は簡単に変わるものではありません。
つまり、がっかりは繰り返されるのです。
こんな違和感を抱いたら、すぐに転職を視野に入れるべきです。

就活の失敗が忘れられない

新卒の時ほど「やりがい」に執着することはないでしょう。
そして、その時に叶えられなかった希望はいつの間にかコンプレックスへと変わってしまうことがあります。
このコンプレックスが厄介で、これが人生全てのヤル気を奪ってしまいかねません。
「本当は○○の業界で働きたかった」という思いがだんだんと歪み、「こんな会社で本気で働く気がしない」といった考え方に変わってしまうことも考えられます。
すると、どんな業務に就いたとしても成果が芳しくなく、ダメ社員のレッテルを張られてしまう可能性大。
もしも「このままじゃダメだ!」と自分の至らなさに気づいたら、直ぐにでも転職を検討すべきです。
「お金が貯まったら」「次のボーナスをもらったら」と悠長に考えるのは更なる躓きの第一歩。
ヤル気無さに全身を蝕まれてしまわないうち、が重要です。

5年後の生活が破たんしそうと気付いた時

堅実な人ならば、この先はどのようなペースで人生を歩むことになるのかと思いを馳せるはず。
その際に「このままの収入じゃ、ヤバい!」と気付いたら、その時が転職のタイミングです。
先々に行き詰ってしまう可能性に気付いているのに何もしないなんて愚の骨頂。
いまがその時です。
中には、切羽詰まってから「こんな経済状態では結婚できない」「2人目の子供は諦めよう」と方針を変える人も少なくありません。
でも本来はそれでは納得のいく人生を歩むのには無理が生じます。
10年先とは言いません。
せめて5年先の自分を想定し、このままの生活レベルではダメだと気が付いたら、その時こそが転職タイミングだと考えて間違いありません。

でも、「さあ、転職!」と気分新たに取り組もうとしても、なかなか思うように時間が割けないこともあるでしょう。
そんな人は、まず転職サイトを見ることから始めてみてください。
転職サイトでは具体的な求人案件以外にも有益な情報が満載です。
これらは早目に知識として得ておいた方がいいことばかり。
最後の決断に至らない人たちでさえ、転職サイトを見て損することはあり得ません。

管理人の僕がディーラー営業から転職を決意した時の話

僕は勢い任せで転職をした。

しかし転職から2年経った今でも全く後悔はしていない。 むしろ転職して良かったと心から思っている。 なんで後悔していないかって? それは『勢い』があったから。 当時の勢いに感謝すらしている。

考えたら転職なんてできない

いや、僕もじっくり考えました。 せっかく大学まで行かせてもらってこんな早々に転職していいのかとか色々考えまくりました。 けど最後に背中を押したのは勢いでした。 もうね、勢いがついたら止まんなくなっちゃったのよ。 すぐ辞表の書き方ネットで調べてコンビニで便箋買って。 んですぐ書いて次の日に出しました。 でもね、そのくらいの勢いがないと無理です。 ただこの勢いというのは結構いろんなタイミングで訪れるものです。

『勢い』の火種は同窓会

まあ要するに溜まっていたものが爆発した感じです。 転職する1ヶ月くらい前に学生時代の同窓会がありまして。 それに参加して久しぶりにみんなと会って仕事の話とかしていると『みんな楽しそうだなぁ』とか思って。 それから毎日働いていても自問自答が止まらなくなってしまった。 そして仕事でちょっとした瞬間に思いが爆発してしまったんです。 『もう辞めよう』って。

『勢い』は誰にも止められない

それからは早かったですよ。 翌日には辞表を提出しましたから。 当然めちゃくちゃ引き止められました。 上司と何度も面談もしました。 それでも頑なに拒みました。 かつてここまで自分が頑固になれたことがあっただろうかと思うくらいに拒みました。 でもそれはそれくらい辞めたかったからなんだよね。

負のエネルギーは行動力を生む

僕がそんなに頑固になれたのもやはりやめてやる!っていう『負のエネルギー』があったから。 負のエネルギーってすごい強いと思うんです。 『なにくそ今に見てろ!』というのは仕事で見返していくこともあれば転職して見返すというのも一つの手段です。 僕はここにいても自分を消耗するしかないと思い転職を選んだ。 負のエネルギーがあったから転職できたんだと今でも思う。 ただ漠然と『転職してーなー』ぐらいの気持ちでは転職ってきっとできないと思う。 できたところできっと後悔するよ。

君も負のエネルギー貯まりまくりならすぐ転職できるよ

今負のエネルギーが溜まっていて転職したいあなた。 やるなら今ですよ。 その負のエネルギーは時として減る時もあります。 そんなときは乗り越えられるけどまた転職してえなってなる。 負のエネルギーが溜まっている時が転職するときです。 そうでなければ転職はできません。 思っているほど会社を辞めるのには労力が必要です。 負のエネルギーがあるうちに走りきってしまいましょう。 転職しそこなって働いているのが一番辛いですよ?

本気で転職を考えるあなたの為の”厳選”転職サイト3選

 『あー転職したいなー』と漠然と思っているだけでは何も状況は変わりません。まずは転職サイトを覗いてみることで視野がぐっと広がります。

転職サイトはあなたの性格診断や、向いている職業などを教えてくれる適性診断テストなども行なっているのでまずはそれをやってみてから新たな職業を決めるのが一番失敗のない転職です。

今とは全然違う職業が向いているかもしれないですしね。

評価の高い転職サイトを下記にまとめたので、あなたに合ったサイトがあればチェックしてみましょう。もちろん利用は無料。

転職は思い立ったら即行動が一番重要です。

キャリアが少なくてもOK!20代向けの転職サイトなら『ハタラクティブ』

まだ社会人になってから2ヶ月しか経っていない。。とりあえず3年とはいうけど3年未満は転職できないの?いいえ、全く問題ありません。

『ハタラクティブ』はフリーター、既卒、第2新卒をメインとした若年層向けの転職に特化したサイト。

若年層の未経験でも足切りなどもなく、非公開求人も多数。

もちろん未経験者のみならず、キャリアがある方はそのキャリアに見合った求人をご紹介。

また、ハタラクティブ独自の『自分発見カウンセリング』で自分の向いている業界や求められる職種がかんたんにわかるのがこのサイトの一番ツカえるサービス。

あなたに本当にあった職業がわかれば仕事はもっと楽しくなるよ!

求人数 未経験OKの求人が1000件以上
業界未経験転職支援実績 40000人以上
独自サービス 自分発見カウンセリング
このサイトの強み 若年層の転職に特化

プロの手厚いサポートに定評がある業界最大級求人サイト『DODA』

業界最大級の『DODA』(デューダ)は、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談できる転職サイト。

業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリアやスキルを総合判断し、強みと弱みを整理してくれます。

応募書類の書き方や面接対策でプロのアドバイスが受けられるのも◎

事前にできる限り詳しい面接情報も提供してくれて模擬面接や、終了後のフィードバックもあり。

また、求人票だけではわからない社風や先輩の話などの情報もご紹介。

本来の自分を最大にアピールするためのノウハウがここにあります。

また、このサイトの一番の強みはDODAでしか扱うことのできない極秘求人があること。

極秘求人は当然極秘なのでライバルが非常に少ないですからね。

ありふれた求人に見飽きたあなたもまずはDODAで求人案内を見てみましょう。

求人数 全国100,000件以上
非公開求人割合 求人数のうちの80〜90%である80000件以上
独自サービス "DODA"でしか扱うことができない極秘求人あり
このサイトの強み 求人数の豊富さ

18歳〜30歳限定!フリーター・既卒も大歓迎の『就職shop』

リクナビで有名なリクルートが運営するサービス。

まずは就職相談をすることであなたにとって最適なお仕事を紹介。

フリーター、ニート、中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なしでも大歓迎。

また、『就職shop』は書類選考がないので履歴書で落とされる心配もなし。

学歴よりも人柄や意欲重視の企業が集まっています。

また、紹介先の企業は100%取材しているので職場の雰囲気などの働いてみたときを想像できるような情報を収集。

学歴でははかれないあなたの力を探している企業との出会いがあるかも。

登録企業数 7560社
取扱職種 営業・事務・企画・技術系まで幅広く対応
独自サービス 企業を100%取材
このサイトの強み 書類選考なし、30歳までの若い人を応援

-コラム

Copyright© 営業からの転職 , 2021 All Rights Reserved.